料理教室 FeliceCucina

落ち込み、イライラ、気分が晴れない、その症状はお食事で解決できます!

お申し込みはこちら

落ち込み、イライラ、気分が晴れない、その症状はお食事で解決できます!

落ち込み、イライラ、気分が晴れない、その症状はお食事で解決できます!

2022/04/28

こんにちは!麗奈です

 

5月4日まで春の土用期間なので

もう少し、おとなしくしていましょうねー

お食事は、日本人が365日食べても飽きない食事

お米、お味噌汁、お漬物、それに副菜を少し足したもので十分です。

 

あとは春の土用は白いものを食べると良いと言われています

ほんの少し意識するだけで、体調がぐんと良くなります

ぜひ、意識して過ごしてみてくださいね

そもそも人間は自己治癒力を持っていて

細菌やウィルスから身を守るパワーを生まれながらに持っています

 

バランスの悪い食事をすると

自己治癒力は低下してしまいます

カラダのバランスが崩れてしまい

本来の力を発揮できなくなってしまうのです

 

また、摂りすぎた栄養が

きちんと排泄できずにカラダの中に溜まってしまうと、それが病気の原因になることも…

 

病気は体内のエネルギーバランスが崩れている状態!

偏った食事によって

何かのエネルギーが強すぎる

または弱すぎる

もしくは体内を循環するはずのエネルギーが滞ってるかもしれません。

 

エネルギーが滞れば

その部分に不具合があらわれます!

 

Felice Cucinaのお食事方法は、このエネルギーの偏りを正していくことを目的としています

 

そして、食事が引き起こすのは

カラダの問題だけではなく

心にも確実に現れますよ!

 

落ち込み気味、やる気が出ない

集中できない、イライラする、気分が晴れない

 

どうすることもできない…

そんな気持ちになりますよね

 

こういった心の問題にも

確実に食べ物が影響しています!

 

白いお砂糖たっぷり使った甘いお菓子を食べると、血糖値は急上昇し

脳はカラダを正常に保つために

「インスリン」というホルモンを分泌してこれを急激に下げるようにら働き急降下します

 

ホルモンを分泌する脳は精神を司る自律神経とも密接に関わっているので

血糖値が上がったり下がったりすれば、

精神も不安定になってしまい

さまざまな悪影響があらわれることに・・・・・

 

日本には”病は気から”という言葉がありますね

 

肉体的な病気も、心の病も気が弱っている(勝り過ぎている)

もしくは滞っているから生じることだという意味で

 

わたしは常々「うまい表現」だな~と思っていました

 

気持ちが落ちているときにはお酒を飲んで憂さ晴らしをしたり

甘いものに走ったりしますね

 

そうすると栄養はさらに偏り

体内のエネルギーバランスはガタガタになってしまいます

 

「病は気から」

 

でしたよね!

 

だったらその”気”つまりエネルギーを整えればいいのです!!

 

そのためには気を弱めるようなものは避けて

勝らないように

滞らないように

 

変えられる食物と食べ方を選んでいくこと

 

それがとても大切なんですね

 

太陽がパッと輝く晴天の日とどんよりと曇っている日では気持ちが違いませんか?

曇りの日はどこか暗く寂しい気持ちになるし

太陽の光が降り注いでいれば明るく元気な気分になりますよね

「あの人はいつも陽気」

「あの人は暗くて陰気」

と表現しますが

 

これは、その人の中にあるエネルギーによるものなのです

 

あなたの中にあるエネルギーは

強すぎ、弱すぎ

陽気、陰気どちらでしょうか?

 

気持ちが落ち込んでもお酒や甘いもので憂さ晴らししなくても

すむようなメンタルを持てるよう

 

体内のエネルギーバランスを整える食事方法を身につけたいと

思った方はFeliceCucinaのレッスンへ是非、お越しください。

 

ゆるヴィーガン基礎クラス

https://felicecucina.info/service/basic-takasaki/

(今すぐクリック↑)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。